· 

NICO 最新IT技術動向セミナー『Googleスケールの機械学習』


開催報告(平成28年8月1日開催)

平成28年8月1日(月)、最新IT技術動向セミナー「Googleスケールの機械学習」を開催しました。

 

 

最近注目を集めているディープラーニング技術について、ニューラルネットワークに関心があるIT技術者を対象としてより技術的な内容のセミナーを実施しました。

 

講師は、Googleの各種サービスの普及啓蒙活動、ご講演を専門としていらっしゃるGoogle Cloud Platformチームのデベロッパーアドボケイトの佐藤一憲氏です。Googleが提供するTensorFlow、Vision API、BigQuery等のデータ分析および機械学習プロダクトの開発者支援チームのグローバルリードをご担当されている方で、海外を含め多くの講演をされている同氏をお呼びすることができました。

 

人工知能(AI)、特にディープラーニングについては、かなり関心をもっていただけたようで、39社67名の方からご参加いただきました。

 

講義では、ニューラルネットワークの解説から、Google検索、フォト等で活用されている機械学習技術、簡単に使えるAPIやオープンソースの機械学習ライブラリであるTensorFlowの解説、そしてGoogleクラウドを活用した大規模な分散学習等の紹介がありました。

 

参加者の声をご紹介します。

具体的なサービス、サンプルについて話があり、実際試してみたくなった。

具体例が分かりやすく、参考になった。

題名通り最新技術の紹介だったと思います。クラウド(AWS,GCP等)の利用では、新潟県はでおくれた感じですが、今回は期待がもてます。

業務で役建てられるかはわかりませんが、とりあえず機械学習APIで遊んでみます。

機械学習APIがTensorFlowなど機械学習に関する道具の話は、個人的に非常に興味深く聞けました。

 


開催案内 ニューラルネットワークに関心があるソフトウェア開発者向

ニューラルネットワークとは何か? 

ディープラーニングはなぜ注目を集めているのか? 

実開発での利用の課題は?


このセッションでは、これらの疑問について議論し、さらにGoogleフォトやAndroid、Google検索等で利用されているGoogleにおける大規模なニューラルネットワーク導入事例を紹介します。

また後半では、Cloud Vision API、Speech API、TensorFlow、CloudMLなど、Googleが提供するスケーラブルでフルマネージドのクラウドサービスについて解説し、Googleの機械学習技術を活用する方法を紹介します。

●日 時  平成28年8月1日(月)15:00~17:00(受付開始 14:30)

●会 場  新潟日報メディアシップ6F ナレッジルーム

     (新潟市中央区万代3-1-1)

●定 員  90名(事前申込・先着順、参加無料)

●対象者  ニューラルネットワークに関心があるソフトウェア開発者 等

●講 演

  『Googleスケールの機械学習

●講 師

   佐藤 一憲 氏

 Staff Developer Advocate, Tech Lead for Data & Analytics, Google Cloud Platform, Google Inc.


お申込みはこちらのフォームからどうぞ。