· 

これがデジタルビジネス・・・

ITmediaに、「三井住友銀行、AIによる金融商品提案へ、脳科学で顧客の投資パターン分析」という記事が掲載されていました。人工知能(AI)を使って顧客ごとに最適な金融商品を提供することで、効率性を向上させることが目的のようです。

 

ファッションの好みを人工知能が学習し、ユーザーの嗜好に合った服を提案するアプリもあります。このアプリは、最初の1年間でダウンロード数が4万5000件を突破したそうです。

 

投資行動パターンやファッションの好みをデータ化し、それをビジネスに活用する。

 

「デジタルデータによって人・モノ・コトをつなぎ、新たなビジネスを創出したりビジネスに新たな価値をもたらす」、いわゆるデジタルビジネスのいい事例だと思います。

 

そう言えば、6月28日に開催するIT経営セミナー「デジタルビジネスの衝撃 ~破壊的変革時代に、企業にどう立ち向かうべきか~」は定員までのこり僅かとなりました。

 

参加をご検討の方はお早めにお申し込みください。

 

NICO情報戦略チーム 倉田