· 

AR(拡張現実)技術を活用した観光アプリ!! 街並みや風景にスマホをかざして時間旅行(株式会社ウイング/ AR観光システム)


株式会社ウイングは、株式会社和広、有限会社イーポートとのジョイントプロジェクトによりスマートフォン時代の到来に合わせ、ARを活用した観光アプリ「ARタイムトラベラー ~新潟市版~」を共同開発しました。ARとは、Augumented Realityの略称であり、実際の風景に画像や文字を重ねたり、効果を追加することで、現実世界を拡張したり情報を付加する技術の総称です。

 


このアプリは、目の前の街並みや風景にスマートフォンをかざすと、画面の中に過去の街並みや、現在とは違う季節・時間の風景を、現在の風景にオーバーラップする形で表示します。時間を超えて過去や四季の新潟市を楽しむことができる、世界初ともいえる時間旅行アプリです。

 


現在は新潟市内84か所のスポットで利用可能で、明治から昭和にかけての風景や、新潟大民謡流しなどの模様を味わうことができます。スマートフォンのGPSやセンサから得られた情報で、位置や向き・傾きを把握し、「エアタグ」と呼ばれる文字情報をカメラ上に表示したり、現在地から目的のARスポットまでのナビゲーション機能を利用したりすることもできます。当初開発はiPhone版から始めましたが、他企業との技術協力により現在ではAndroid版もリリースされており、多くの観光客の方に利用されるようになりました。(現在はAndroid版のみを公開しています)


また、新潟市水族館「マリンピア日本海」で楽しめるアプリ「AR記念写真」を開発しました。イルカ、ペンギンのプールを背景に、新潟市サポートキャラクター「花野古町」、「笹団五郎」と一緒に記念写真を撮影することができ、子どもたちの人気を集めています。(夏休み期間の限定公開のため、現在は利用できません)

こちらは、「ARマーカー」と呼ばれる特定のパターンを持った図形を認識することで付加情報の表示位置を特定する手法を採用しています。開発では、様々なパターンを作成し、認識精度を高めるチューニング作業に苦心しました。


担当者/ (株)ウイング ソリューションサプライ部 マネージャー 恩田 実さん
担当者/ (株)ウイング ソリューションサプライ部 マネージャー 恩田 実さん

 

蓄積したノウハウを活用しAR技術を活用した提案開発を進めていきます。

 

スマートフォンをはじめとするスマートデバイスが急速に普及する中、AR技術の重要性が高まると考えていました。今回のアプリ開発は新潟市からのお話がきっかけでしたが、村上市の観光アプリ「村上旅なび」も開発しました。

 

また、中国語、台湾語に対応した外国人向けの観光案内アプリや、サーバと連携することでクーポン配信機能やスタンプラリー機能を追加できる商店街向け誘客アプリも実用化しています。

AR技術を活用した観光、誘客アプリの需要は今後ますます高まると考えており、様々な応用可能性があると考えております。また、これまでに蓄積したノウハウを活用し、ご要望に沿う提案開発をしていきたいと考えています。 

 


[企業情報]

 株式会社ウイング http://www.weing.co.jp/

 〒950-0083 新潟市中央区蒲原町5-29

 TEL 025-246-7051 FAX 025-246-7091


平成25年6月10日取材