· 

情報漏洩の当事者にならないために・・・

日本年金機構から年金情報が125万件も流出したというニュースを聞いて、多くの方が「何をやっているんだ・・・」と思ったと思います。


私もそう思いました。


どうやら、今回の標的型攻撃メールは、タイトルが「『厚生年金基金制度の見直しについて(試案)』に関する意見」となっているなど、職員の関心をひくものだったようです。


「怪しいメールは開かないのが常識」と批判する声も多いと思いますが、あれだけ注意喚起されていても振り込め詐欺の被害が後を絶たないのと同じで、ヒューマンエラーをなくすのは大変です。


「明日は我が身・・・」と常に注意を払うしかありません。


ところで、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、標的型攻撃メールを見分ける際の着眼点を解説するリポートを公開しています。


情報漏えいの当事者にならないためにも、一度、ご覧ください。


NICO情報戦略チーム 倉田