· 

もうすぐ、「Windows Server 2003」のサポートが終了します。

2015年7月15日にマイクロソフト社が提供しているOS「Windows Server 2003」のサポートが終了します。


ということで、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、サポート終了に伴う注意喚起をしています。


ご存知の通り、サポート終了後は新たな脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されないため、脆弱性を悪用した攻撃を受けて被害に遭う可能性が高まります。


「Windows Server 2003」は発売から10年以上が経過した現在でも脆弱性が発見されているため、サポート終了後も脆弱性が発見させる懸念があるそうです。


そうしたことからも、「Windows Server 2003」を利用するシステムは後継システムへの移行が求められます。


詳しくは、IPAのHPをご覧ください。