· 

オラクルのクラウド戦略と関連技術(2015年1月28日開催)


1月28日(水)、NICOプラザ会議室で「最新IT技術動向セミナー オラクルのクラウド戦略と関連技術」を開催しました。

2014年10月に、IaaS、PaaS、SaaSの全てのレイヤーでナンバーワンのクラウドベンダーを目指すことを表明したオラクル。その戦略がどのような背景から生まれたのか、また、最新技術動向は・・・興味深いお話を、同社 北嶋部長様、野田部長様のお二方を講師にお迎えしてお聞きしました。

2020年の国内パブリッククラウド市場は5,000億円、プライベートクラウド市場は2兆円と予測されており、オラクルはこれに対し、ハードウェアとソフトウェアを垂直統合し、業務に特化した最適なプラットフォームを提供していかれるそうです。

また、オラクルがSaaS展開するアプリケーションは、Talent Management(人材管理)、ERP(企業資源計画)、CX(カスタマーエキスペリエンス)等の分野にわたっており、既に実績のあるパッケージのほか、今後も企業買収・事業買収等により拡充していく予定とのこと。

話は脱線しますが、この「良いものは買ってきてラインナップに加える」という思考様式は、面白いですね。相手方は、「良いものができたら、さっさと売って次の仕事に注力する」スタンスでしょうか。システムを「作ること」は大好きで得意でも、ユーザーに「売ること」はリソース不足で不得手、という中小企業にとっては、このように事業ごと売却するのもよさそうに思われました。

なお、参加者数は17社21名でした。

それでは、いつものように参加者の声をご紹介します。

・性能チューニングなど分析してくれるのは助かる。マーケティングの話はためになりました。
・オープン化の次の(再度)囲い込み化を感じさせるセミナーでした。
・今後も企画継続を。

 


開催案内

オラクルのクラウド戦略と関連技術

~ クラウド基盤を支えるオラクルのデータベース基盤と最新技術動向 ~

本セミナーでは、オラクルが描くクラウド戦略から始まり、クラウド基盤を支える技術やデータベースクラウド技術について、導入事例も交えつつご紹介いただきます。

また、話題のインメモリデータベースや情報漏洩・BCP対策、効率的なデータベース監視手法のほか、オラクルのSaaS戦略及びSaaSソリューションについても解説していただきます。

グローバルIT企業のクラウド戦略と最新技術・サービスは、今後の事業展開に大変参考になるものと思われます。この機会にぜひご参加ください!


【日時】 平成27年1月28日(水) 13:30~15:40 (受付13:00~)

【会場】 NICOプラザ会議室(新潟市中央区万代島5-1万代島ビル11F)

【内容】 ■Oracleのクラウド概要・Databaseクラウドのテクノロジー
      ・オラクルの事業戦略 - 「クラウド戦略」
      ・クラウド基盤を支えるIT基盤 - 「Oracle Engineered Systems(Exadata)」
      ・最新技術動向 インメモリデータベース技術と活用

       - 「Oracle Database In-Memory」
      ・情報漏洩対策 重要なデータを守る - 「データベースセキュリティ」
      ・業務(サービス)の継続性 - 「BCP対策と人的エラーからの復旧」
      ・DB運用の効率化 - 「データベース監視とチューニング手法」
     ■OracleのSaaSサービス
      ・オラクルのSaaS戦略
      ・SaaS アプリケーションのご紹介
      ・カスタマエクスペリエンス

       (マーケティング、セールス、サービスオートメーション、ソーシャル)
      ・タレントマネジメント
      ・ERP

【講師】 日本オラクル(株)

     データベース事業統括 製品戦略統括本部 営業推進本部 北嶋 伸安 氏

     クラウドアプリケーション事業統括 事業開発部 部長 野田 由佳 氏

【定員】 30名(先着順、参加費無料)

 

 主催/公益財団法人にいがた産業創造機構  後援/ITC新潟、新潟県IT産業ネットワーク21


お申込みはこちらのフォームからどうぞ。 募集終了


ダウンロード
開催案内(オラクルのクラウド戦略と関連技術).doc
Microsoft Word 312.5 KB