· 

ITシステム導入の要・RFP(提案依頼書)作成講座(2014年11月20日、21日開催)


RFP(Request For Proposal)とは、ITユーザー企業がITベンダーに対して提案依頼を文書にて提示する行為、または提案依頼の文書そのものをいいます。

RFPを提示することで、「何をしたい」、「いくらでしたい」、「いつまでをしたい」をITベンダーに伝え、ITベンダーからは「何ができる」、「いくらでできる」、「いつまでにできる」を提案してもらいます。

RFPはIT投資の成否を分けるとまで言われています。

 

ということで、今年度のIT管理者向け研修会は、ITシステム導入の要であるRFPをテーマとして取り上げ、11月20日(木)にNICOプラザ会議室(新潟市)、11月21日(金)にまちなかキャンパス長岡(長岡市)で開催しました。

 

講師は、IT調達支援の専門家である(株)イントリーグ 代表取締役社長兼CEO 永井 昭弘氏。

 

当日は、RFPの概論からRFP作成のポイントをお話いただくとともに、実際にRFPの作成を体験してもらう演習を行っていただきました。

 

当日の参加者は、新潟会場が16社16名、長岡会場が10社16名でした。

(新潟会場)
(新潟会場)
(長岡会場)
(長岡会場)

それでは、いつものように参加者の声をご紹介します。

 

 ●クラウド調達時のRFP作成ポイントが含まれていて良かった。

 ●著作付きで、後で復習、再確認できるのは良い。

 ●どうしてもシステム側の視点になっていたが、経営側からの視点も大切だとわかりました。

 ●演習があったので、理解を深めることができました。

 ●ベンダとの打ち合せ前に要件をまとめる際つかっていきます。

 

実は、今回の研修は、本来であればもう少し時間をかけて学んでいただくものを、ちょっと駆け足で学んでいただいたところがありました。そのためか、「少しタイトでした」、「研修時間が短いように思えました」といったご意見も頂戴しました。

いろいろな都合があっての時間設定ではありますが、今後のセミナー・研修会の開催に向けての検討課題とさせていただきます。


開催案内

 RFPとは、システム調達の際に、ユーザーが開発業者にシステム提案を依頼するための文書です。

 RFPの作成はIT投資の成否を分けると言われています。今回の講座は、RFP作成を体験する時間を設けるなど、クラウド、スマートデバイスの導入や現有システムの改善を検討中のIT管理者、経営者の方にとって、実践的な内容になっております。
 講師には、IT調達支援の専門家である(株)イントリーグの永井社長様をお迎えして、自社に必要なシステムを明らかにする情報化企画、RFP作成、開発業者選定のポイントを解説していただきます。

 IT投資を検討されている方、自社システムを改善されたい方、ぜひ、ご参加ください。

(RFPとは、Request For Proposalの略です。)


【日時・会場】

  (1) 新潟市

   平成26年11月20日(木) 14:00~17:00
   NICOプラザ会議室2(新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル11階)
  (2) 長岡市

   平成26年11月21日(金) 13:00~16:00
   まちなかキャンパス長岡会議室302(長岡市大手通2-6)
  ※注:(1)、(2)共に同じ内容です。ご都合の良い方にご参加ください。

【定 員】各20名(お申込み先着順)
【参加費】無料
【講 師】株式会社イントリーグ 永井 昭弘 氏
【内 容】

  (1) 企画、RFP、ベンダー選定の重要性
  (2) 情報化企画のポイント
  (3) RFP作成のポイント
  (4) ベンダー選定のポイント
  (5) 演習(RFP作成)

 

 主催/公益財団法人にいがた産業創造機構

 後援/ITC新潟 新潟県商工会議所連合会、新潟県商工会連合会、新潟県中小企業団体中央会


お申込みはこちらのフォームからどうぞ。  募集終了

《《《 お申込フォーム 》》》


ダウンロード
ITシステム導入の要・RFP(提案依頼書)作成講座(申込用紙)
ITシステム導入の要・RFP(提案依頼書)作成講座.docx
Microsoft Word 107.2 KB