· 

標的型サイバー攻撃への対策支援『サイバーレスキュー隊』ついに発足!


 

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発足準備を進めていた「サイバーレスキュー隊(J-CRAT)」が、7月16日付けで正式に発足しました。

 

J-CRATの活動の中心は次の2つです。

 

(1)サイバー攻撃に気付いた組織に対する被害拡大と再発の抑止・低減

(2)標的型攻撃により諜報活動などの連鎖の遮断

 

独立行政法人、地方独立行政法人、国と関係の深い業界等の団体、民間企業(標的型サイバー攻撃 特別相談窓口で受け付け、状況等から対応が必要と判断された場合)が当初の支援対象組織となります。

 

J-CRATの支援を受けたいという場合は、IPAが設置している「標的型サイバー攻撃 特別相談窓口」を通じてご相談ください。

 

詳しくは、IPAのHPをご覧ください。