· 

事例に学ぶ『IT経営』セミナー IT経営で会社がこう変わる! (2013年8月22日開催)


今年度第3弾となる「事例に学ぶ『IT経営』セミナー」を、8月22日に長岡商工会議所で開催しましたので、ご報告いたします。

 

今回のセミナーは、「IT経営で会社がこう変わる」と題し、グランド印刷(株) 小泊取締役兼福岡・東京支店長様にご講演をお願いしました。グランド印刷さんは、北九州市の本社のほかに福岡と東京に支店がありますが、5年程前までは、各拠点の情報共有の仕組みがない、社員の数字に対する意識が弱い、安定売上がなく営業マンの力量に頼っている、といった経営課題を抱えていました。小泊支店長はこれらを解決するため、クラウドサービスを活用した経営改革を決意して実践されます。本セミナーではその具体的手法についてお話いただきました。


当日は残暑が厳しかったのですが、29社39名の方々からお集まりいただき、ディスカッションでは参加者の皆様から多くのご質問やご意見をいただき、熱いセミナーとなりました。 

グランド印刷(株) 小泊支店長
グランド印刷(株) 小泊支店長
講演
講演
パネルディスカッション
パネルディスカッション


それでは、いつものように参加された方のご意見を何件かご紹介いたします。


・大変いい内容でした。参考になる事がたくさんありました。

・社内情報共有がなかなかうまくいかなかったが、ITを活用するこの方法はチャレンジしてみたいと思いました。

・クラウドをフルに業務に活用している事例として大変参考になりました。

・事例がピッタリでした。

・非常に役立ちそう。

・どのようにITを導入していったかという流れが分かり易かった。

・この企業には小泊様というキーマンがいるが、そのような人がいない時にどのような事ができるかを考える必要性を感じた。


初めにGoogle AppsやDropboxなどのパブリッククラウドツールを導入して社員にITに慣れてもらい、次に、クラウド型基幹システムを導入することで受注から入金処理までを一元管理し、さらに、ITを活用した新規事業へ挑戦するという、”守りのIT”から”攻めのIT”へとステップアップしていく流れが受けたようです。


小泊支店長は「自分が使ってみて良いと思ったパブリッククラウドツールは、導入実績など情報を集めた上ですぐに社内に導入した」とおっしゃっていました。まずは使ってみることが大事で、良いものであれば自然に社内に浸透するということでした。一方、システム開発や社内勉強会において、中立的な立場であるITコーディネータからアドバイスを受けたことが非常に役立ったということも強調されていました。


今回のセミナーを通じて、ITを活用して簡便に情報を共有・伝達することが、ミスを減らし意思決定を早め、経営効率アップに貢献すること、さらに社内のIT使いこなしレベルを高めることが経営革新の実現へとつながっていくということがよくご理解いただけたのではないかと思います。


今年度の「事例に学ぶ『IT経営』セミナー」は今回で終了です。この後は、IT経営講習会、個別コンサルティングと個々の企業への具体的な支援へと展開してまいります。ぜひいろいろなご要望をお寄せください。


開催案内

日  時:平成25年8月22日(木)  14:00~16:30

会  場:長岡商工会議所 6階大会議室 (長岡市坂之上町2丁目1-1)    

     交通アクセス       

定  員:50名 参加無料


少子高齢化による人口減少やグローバル化の進展など、経済・社会を取り巻く環境が大きく変化する一方、クラウドやスマートデバイスの普及が進み、ITを経営課題解決のためのビジネスツールとして活用する「IT経営」に取り組む企業も増加しています。

 

本セミナーでは、そのポイントと具体的な進め方のヒントを提供するため、グランド印刷株式会社の小泊取締役をお招きし、ITを経営に活かした取り組みについてお話しいただきます。

■事例講演 「IT経営で会社がこう変わる!」 

 グランド印刷株式会社

 取締役兼福岡・東京支店長 小泊 勇志 氏 

 

 ☑ 業務のスピードが速くなる 

 ☑ ミスが減る 

 ☑ 離れていても会社全体の動きが把握できるようになる

 ☑ 間接部門が特に効率化され人件費が抑えられる 

 ☑ 社員の粗利改善意識が強くなる

 ☑ 働き方そのものが変わる! 


グランド印刷(株)(福岡県北九州市)の概要

「水と空気以外には何でも印刷します」のキャッチフレーズで、シルクスクリーン印刷全般、サイン・ディスプレイなどを手がけており、福岡と東京に支店を持つ。
東京支店を開設した平成20年当時は、各拠点の情報共有の仕組みがない、社員の数字に対する意識が弱い、安定売上がなく営業マンの力量に頼っている、という3つの経営課題を抱えており、ITを活用した経営改革を決意。
Google AppsやDropboxなどのパブリッククラウドツールを導入し、社内の情報共有を進めた。また、クラウド上で受注から請求までを一元管理するオリジナルシステムを開発し、平成24年に導入した。新システムでは、顧客ごとの取引実績管理、担当者ごとの業務管理のほか、受注ごとの粗利管理も可能となり、社員が経営者感覚を持てるようになった。これら一連の取り組みが評価され、経済産業省『中小企業IT経営力大賞2013』で、「IT経営実践認定企業」に認定された。

■パネルディスカッション  

 

 ○パネリスト

  グランド印刷株式会社  取締役兼福岡・東京支店長 小泊 勇志  氏

  ITコーディネータ (株式会社ビックリマーク)   武内 正一郎 氏

 

 ○コーディネータ

  星野 雅博〈(公財)にいがた産業創造機構 情報戦略プロジェクトマネージャー〉


主催/公益財団法人にいがた産業創造機構 

共催/長岡商工会議所


ダウンロード
グランド印刷㈱セミナー(申込用紙)
0822「事例に学ぶIT経営セミナー」申込用紙.doc
Microsoft Word 534.5 KB