· 

事例に学ぶ『IT経営』セミナー わが社のIT経営戦略 ~IT活用による継続的なビジネスの成長を目指して~ (2013年6月28日開催)


今年度の「事例に学ぶ『IT経営』セミナー」では、近年急速に普及が進むクラウドやタブレット・スマートフォンなどのスマートデバイスを活用し、情報共有や情報発信を進めることで、経営力を高める取組を積極的に展開している企業の事例をご紹介します。


第1弾として、6月28日に「わが社のIT経営戦略 ~IT活用による継続的なビジネスの成長を目指して!~」と題して、(株) 森鐵工所 森社長様からITを活用した経営戦略についてご講演いただきました。


森鐵工所は、タイヤの原型を作る成形ドラムの世界唯一の専業メーカーで、世界シェアは4割。経済産業省「中小企業IT経営力大賞2013」で、最高賞である大賞(経済産業大臣賞)を受賞した企業で、IT活用のポイントや留意点などを理解していただくことを狙ったものです。


当日は58社71名の方々からお集まりいただき、熱心な聴講とその後のパネルディスカッションでは活発なQ&Aやご意見をいただき、セミナーは盛況のうちに終了させていただきました。 

森社長 講演
森社長 講演
パネルディスカッション
パネルディスカッション

以下、参加された方の感想をご紹介いたします。


・経営者として、考え方、実行力、素晴らしい内容で共感いたしました。

・大変内容に富んだセミナーであったと思います。

・森社長の人生観、リーダーシップに感心しました。元商社マンとしての前向きというか、いけいけの姿勢が素晴らしかった。

・実際に活用されている事例をご紹介いただき、私自信の提案にも参考になる内容でした。

・森社長の豊富な経験、知識と強烈なリーダーシップを感じた。経営戦略を企画、実行した部門の体制についても発表して欲しかった。

・IT経営が、ITを使う事を全面に出してという感じから、ITは裏側にかくれた経営に変化していると強く感じました。

・とても参考になりました。機会があればまた参加したいと思います。


森社長の「経営革新をITの活用で断行する」という固い決意と情熱に心を動かされたという感想を多くいただきました。海外取引が多くなっても、日本人が一番仕事に対する気配りができ信頼できると考え、徹底的なIT活用により国内に工場を残した点は、昨年講演をしていただいた、(株)メトロール 松橋社長のお話とも重なる部分でした。また、自社ホームページを持たずにiPadを活用する営業手法や、「中小企業IT経営力大賞」応募経緯のお話も興味深く受け入れられたようです。


アンケートのご意見にもありましたが、ホームページやSNSの活用、ネット販売などから、経営改革を裏側から支える部分へと関心が拡がってきた感じがします。NICOとしては今後とも様々な成功事例を紹介し、中小企業経営の後押しをしていきたいと考えておりますので、ぜひお気軽にご相談、お問い合せをお寄せください。


開催案内

少子高齢化による人口減少やグローバル化の進展など、経済・社会を取り巻く環境が大きく変化する一方、クラウドやスマートデバイスの普及が進み、ITを経営課題解決のためのビジネスツールとして活用する「IT経営」に取り組む企業も増加しています。

 

本セミナーでは、そのポイントと具体的な進め方のヒントを提供するため、このたび経済産業省「中小企業IT経営力大賞2013」で大賞(経済産業大臣賞)を受賞された株式会社森鐵工所の森社長をお招きし、ITを経営に活かした取り組みについてお話しいただきます。

 

日  時:平成25年6月28日(金)  14:30~17:00

会  場:新潟日報メディアシップ 2F 日報ホール 

     (新潟市中央区万代3-1-1)

        交通アクセス  ※なるべく公共交通機関をご利用ください      

定  員:100名 参加無料

 


■事例講演 「わが社のIT経営戦略」 

 株式会社森鐵工所  代表取締役 森 春樹 氏 

 (タイヤ成型ドラム)
 (タイヤ成型ドラム)


(株)森鐵工所(福岡県久留米市)の概要

「タイヤ成型ドラム」の世界唯一の専業メーカー。売上げの80%を世界35ヶ国以上に輸出。世界シェア40%を占める。リーマンショック以降コストダウンを求められる中で、製品品質の確保、低コスト・納期短縮を徹底するために、全社を挙げてIT経営に取り組む。

具体的には、将来予想される熟練工不足に備え、CAD/CAM、24時間無人運転可能なマシニングセンターの導入、進捗管理のためのITシステム・TVモニターを設置。また、提案営業・営業効率の向上のためにiPadの活用を決め、平成21年度より実行。この間人員整理をせず、内製比率を上げることで、平成23年には社員一人当たり生産高を平成21年の2倍とした。

こうした総合的なIT利活用により、業績にも大きな貢献をしている点が評価され、経済産業省「中小企業IT経営力大賞2013」において大賞(経済産業大臣賞)を受賞した。 


■パネルディスカッション  

 

 ○パネリスト

  株式会社森鐵工所    代表取締役   森 春樹  氏

  株式会社フジレメック  代表取締役   西方 征一 氏  

  ITコーディネータ (マコー株式会社)  浅田 淳  氏

 

 ○コーディネータ

  星野 雅博〈(公財)にいがた産業創造機構 情報戦略プロジェクトマネージャー〉


主催/公益財団法人にいがた産業創造機構 

後援/一般社団法人新潟県商工会議所連合会、新潟県商工会連合会、新潟県中小企業団体中央会、新潟日報社