· 

情報セキュリティ対策 その16 ~スマートフォンを安全に使用するための6箇条~


 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が呼びかける『スマートフォンを安全に使用するための6箇条』です。

 

1.スマートフォンをアップデートする
  基本ソフトであるOSに脆弱性が見つかると、それを修正するためのアップデー

  トが販売元から提供されますので、早めにアップデートしましょう。

 

2.スマートフォンにおける改造行為を行わない
  スマートフォンのウイルスには、改造(iPhoneにおけるJailbreakやAndroid端末

  におけるroot権限奪取行為などのこと)したスマートフォンのみ感染するものが

  確認されています。
  スマートフォンの改造はやめましょう。

 

3.信頼できる場所からアプリケーション(アプリ)をインストールする
  スマートフォンで使用するアプリは、「App Store」や「Android Market」など

  信頼できる場所からインストールしましょう。

 

4.アンドロイド端末では、アプリをインストールする前に、アクセス許可を確認する
  過去発見されたアンドロイド端末を狙ったウイルスには、アプリをインストール

  する時に、不自然なアクセス許可をユーザーに求めるものがありました。
  不自然なアクセス許可や疑問に思うアクセス許可を求められた場合には、アプリ  

  のインストールを中止しましょう。

 

5.セキュリティソフトを導入する
  ウイルス感染の危険性を下げるためにセキュリティソフトを導入してください。

 

6.スマートフォンを小さなパソコンと考え、パソコンと同等に管理する
  企業でスマートフォンを活用する場合、紛失や盗難などの事故に備えて、保存し

  てよい情報の範囲、紛失・盗難時の対応等の利用ポリシーを定めましょう。

 

こちらのホームページもご覧ください。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2013/03outline.html 

 

NICO 情報戦略チーム 倉田