· 

IPAが年末年始の情報セキュリティ対策を解説しています


IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、年末年始の長期休暇中における情報セキュリティに関する注意喚起を行いました。


この注意喚起は、長期休暇中のサービス妨害攻撃や顧客へのウイルス感染、情報漏えいなどのインシデントが起きないよう、また起きた場合の被害が拡大しないことを目的としています。


対象者別に、それぞれの立場で留意すべき脅威や注意点、対策について具体的に解説されています。

システム管理者を対象とした長期休暇前の対応

企業でのパソコン利用者を対象とした長期休暇明けの対応

家庭でのパソコンやスマートフォン、タブレット利用者を対象としたセキュリティ対策


詳しくはIPAのホームページをご覧ください。

 http://www.ipa.go.jp/about/press/20121219.html

 


 [関連記事]情報セキュリティ対策のポイントをブログ形式で紹介しています

・連載BLOG:情報セキュリティーブログ