· 

IPAが認定する突出したIT人材「スーパークリエータ」が新たに6名増えました。


IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、突出したIT人材を発掘・育成することを目的に「未踏IT人材発掘・育成事業」を2000年から実施しています。

 

この事業で2011年度に採択した案件の中で、特に優秀と判断したクリエータ6名を「スーパークリエータ」として新たに認定しています。
何と、その6名の中には高校生が含まれているとのことです。

これで、認定されたスーパークリエータは244名になりました。

 

IPAでは、スーパークリエータの活動成果を発表するとともに、突出したIT人材であることの証として「スーパークリエータ認定証」を授与するイベントを開催します。

 

日時:平成24年11月20日(火)14:00~17:30
会場:ホテルサンルートプラザ新宿 1階大会議室「芙蓉」


ちなみに、クラウドを活用した農業支援システム「アグリノート」を開発したウォーターセル(株)代表取締役の長井啓友さんは、新潟県で唯一のスーパークリエータです。

 

そして、今日から16日まで東京ビッグサイトで開催される「アグロ・イノベーション2012」にウォーターセル(株)は出展しています。

お時間のある方は、ぜひご来場ください。

 

NICO 情報戦略チーム 倉田