2015年

10月

19日

新たに国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」が創設されました。

10月16日をもって国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として「情報セキュリティマネジメント試験」が創設されました。


この試験は、不足する情報セキュリティ人材のうち、特に一般企業において必要とされる「情報セキュリティマネジメント人材」を対象としています。


業種や職種、部門を問わず、全ての企業・組織を対象としており、部門内で個人情報を取り扱う担当者や外部委託の担当者、情報システム担当者などが主な対象者です。


試験は平成28年4月から開始され、毎年4月と10月の年2回実施する予定だそうです。

実施機関は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)です。


なお、試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善(PDCA)を通して、組織の情報セキュリティ対策向上に貢献するための知識・スキルを測ることを目的に実施されます。


詳しくは、IPAのHPをご覧ください。


ちなみに、「基本情報技術者試験」と同じレベル2の試験と位置付けられており、レベル1の「ITパスポート試験」を合格した次のステップとして活用されることを想定しているそうです。

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp