2015年

5月

27日

「攻めのIT経営銘柄」発表!選ばれたのは大企業ばかり18社

5月26日、経済産業省と東京証券取引所は、経営革新や競争力の強化のためにITの積極的活用に取り組んでいる企業18社を「攻めのIT経営銘柄」として発表しました。


選ばれた企業は、東レ、ブリジストン、JFEホールディングス、日産自動車、三井物産などの大企業ばかりです。

(選定された企業は経済産業省ウェブサイトをご覧ください。)


それはそれで良いのですが、あまりにも規模が大きい企業ばかりなので、「大企業だから・・・」と中小企業が参考にしてくれない(参考にならないのではなく)かもと、ちょっと心配している自分がいます。


もっとも、経済産業省は、上場会社における「攻めのIT経営」への理解が深まることを期待しているようなので、中小企業に参考にしてもらうことは最初から考えていないのかもしれません。


ところで、今回の選対における調査の結果、業種や企業の間でIT投資の取り組みに大きな差があったそうです。


ちなみに、業種別で最も攻めのIT投資が遅れていたのは「農林水産業」です。

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp