2015年

1月

15日

標的型攻撃メールの見分け方を教えます

「標的型攻撃メール」が依然として猛威を振るっています。


標的型攻撃メールは、メール受信者がセキュリティソフトを利用していても被害を防ぐのが難しく、また、不審をいだかせないようの様々な騙しのテクニックを駆使しているため、注意していてもウイルス感染の可能性が高いサイバー攻撃です。


ということで、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、実際の標的型攻撃メールを基にした例を用いて、その見分け方を解説したレポート『標的型攻撃メールの例と見分け方』を公開しています。


標的型攻撃メールの被害者とならないようにするためにも、ぜひ、参考にしてください。


このレポートはIPAのホームページからダウンロードできます。


「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp