2014年

10月

02日

便利なクラウドサービスには棘がある?

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、毎月、情報セキュリティに関する注意喚起(「今月の呼びかけ」)をしています。

 

2014年10月の呼びかけは、「クラウドサービスからの情報漏えいに注意!」です。

 

今年の9月、アメリカの人気女優やモデルなどのプライベイト画像が流出するという事件があったことは記憶に新しいと思います。

 

この事件は、iCloudに保存されていた被害者がiPhoneで撮影した写真データを、何らかの手段で被害者のiCloudのアカウント情報を入手した悪意ある第三者が不正ログインして窃取したと考えられています。

 

クラウドサービスは、インターネットを通じてソフトウェア利用やデータ保管を提供するサービスの総称です。インターネットに接続できる環境を持つどの端末からもサービスを利用できるのでとても便利なのですが、一方で、他人にIDとパスワードを知られてしまうと、その人も同じようにサービスを利用できてしまいます。

 

もし、IDとパスワードを知られてしまった人が悪意のある人だったら・・・。

 

ということで、クラウドサービスを利用するときはIDとパスワードを適切に管理することがとても重要です。

あとは、念の為、他人に見られたら困る様なデータはクラウド上に保管しないことです。

 

『綺麗な薔薇には棘がある』ということわざがありますが、クラウドサービスにも棘があると思っていた方が良さそうです。

 

NICO情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp