2014年

7月

17日

不特定多数の人々のアイデアを拝借 ブレーンストーミングならぬ『クラウドストーミング』

 

『クラウドストーミング』への関心が高まっているそうです。

 

クラウドストーミング?

 

ブレーンストーミングは知っていますが、恥ずかしながらクラウドストーミングは初めて聞く言葉です。

 

そこで調べてみると、クラウドストーミングとは、「組織内だけでなく広く組織外にいる不特定多数の群衆(=クラウド)をネットワーク化し、彼らからアイデアを募集し、研究開発や新規事業創出に活用すること」だそうです。

 

クラウドコンピューティングやソーシャルメディアの発展がクラウドストーミングを可能にしているようです。

 

実際にアメリカのGEやスターバックス、レゴといった大企業がクラウドストーミングを活用して新商品や新サービスを開発しているそうです。

 

『三人寄れば文殊の知恵』ではありませんが、組織外の不特定多数の人々からアイデアをもらうことができれば、今までなら考えもつかなかったような斬新なビジネスを生み出すことができるかもしれません。

 

NICO情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp