2014年

4月

22日

ユーザー企業の変化に対応しきれないIT企業 ~「IT人材白書2014」4/25公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育等の状況およびIT人材個人の意識を把握すること等を目的とした調査を2013年10月に実施しています。

 

IPAは、この調査結果を基に「IT人材白書2014 『作る』から『創る』へ、『使う』から『活かす』へ ~価値を生み出すプロの力~」を4月25日に公開します。

 

「IT人材白書2014」は、IPAのホームページからPDF版を無料でダウンロードできるほか、製本版をAmazonおよび全国官報販売協同組合販売所にて1,389円(税抜き)で購入できます。

(もちろん、各書店にて取り寄せもできます。)

よろしければ、ご一読ください。

 

ところで、公開に先立ち、IPAからプレス発表がありました。

その中でちょっと気になることが・・・。

 

調査結果によると、ユーザー企業が今後新規/拡大を予定している事業(SaaSサービス、PaaSサービス、HaaS・IaaSサービス、IDCサービス)へのIT企業の関心は低く、また、IT企業が今後新規/拡大を予定している事業(開発、運用、SI)についてはユーザー企業の関心が低い状況にあるそうです。

 

ユーザー企業が、情報システムは“IT企業に発注して開発するもの”から“サービスを選択して利用するもの”へと考え方を変化させているのに、IT企業が必ずしもこの変化に対応しきれていない-そんなところでのようです。

 

このような”ミスマッチ”は、ユーザー企業、IT企業双方にとって大問題です。

多分、IT企業が変わる必要があるんだと思います。

 

NICO情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp