2014年

1月

16日

データ分析の勧めⅡ ~Excelを使って自社の業務データを整理・分析してみよう!~ その1 (p2)

 

今回「分けて考える」を取り上げたのは、データの分布状態を見てグループ化し、それぞれのグループでの対応を検討するということが比較的分かりやすかった、との講習会でのアンケート結果からでした。そこで、分けて考える基本としての度数分布及びグラフ化としてのヒストグラムを取り上げてみました。

 

ヒストグラムは、そのデータの集まりを特定の数値(例えば金額、数量、日数)で範囲をいくつかの区間に分け、その区間に含まれるデータの頻度(図1-1では149cmから151cmの範囲で15人)に比例する面積をもつ柱(長方形)を並べた棒グラフであり,ばらつきをもった数多くのデータの全体の姿(分布)、形を見やすく表すことができます。

 

ヒストグラムを作成する目的は以下のことがあげられます。

 (1)データ分布の状態を見やすくして、データ全体の姿をつかむ

 (2)分布の中心位置やバラツキの大きさをつかむこと

 (3)層(グループ)別による違いをつかむ

 

また、ヒストグラムを読みとることによって次のことが可能になります。

 (1)問題点をさぐり、改善や今後の業務活動のテーマを選択する

 (2)どのような分析を行えばよいかを検討する

   (分析が必要なグループの把握などから、さらに詳細に分析する対象と手法の選択)

 (3)どのようなアクションをとればよいかを検討する

 

単なる棒グラフですから簡単な処理のように思われ、官公庁の統計室などでの使用はよく見るところですが、一般企業、特に中小企業では余り使いこなしていないように見受けられます。これは、データ分析機能は標準ではExcelメニューに無く、購入したDVDからの取り込みや、MS-OFFICEサイトからのダウンロードなどが必要となり意外と知られてないことや、仮に使える環境を設定しても統計ツールの使い勝手というよりは用語に馴染が無くて引いてしまうこと、また単にExcelを使っても区間分けやデータの集計などが手間なこと、などが考えられます。

 

そこでExcelのピボットテーブルに簡単にヒストグラムを作成する機能がありますので、今回はこれをご紹介していきます。

 
 次ページ ピボットテーブルからヒストグラムを作る 
  1     2     3     次ページ>>  

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp