2013年

7月

17日

何故、迷惑メール?先日、メールの送受信に関する2つの教訓を得ました。

 

先日、あるメールを関係者に送信したところ、なぜか件名の頭に[SPAM]の文字が追加されてしまいました。

 

迷惑メールじゃないのに何で?
その答えは本文ではなく、件名にありました。


迷惑メールと判断されたメールの件名は「【在宅ワーク○○○○】事前打合せの件」というものです。

この件名の中にある“在宅ワーク”という文字が引っ掛かったようです。

(ちなみに、“在宅☆ワーク”としてみたところ迷惑メールにはなりませんでした。)

 

『件名もよく考えて付けないと駄目だ』というのが“教訓その1”です。

 

“教訓その1”ということは、“教訓その2”もあります。

 

私は迷惑メールを受信すると自動的にゴミ箱に振り分ける設定にしています。

そして、これまではゴミ箱にあるメールは無条件に削除していました。

 

しかし、これからは面倒でも『内容を確認したうえで削除する』ことにしました。

ちゃんとしたメールでも、件名の付け方によっては迷惑メールと勝手に判断されることがあります。

 

これが“教訓その2”です。

 

NICO情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp