2013年

2月

25日

新潟県農林水産部がFacebookページを開設。ソーシャルメディア活用が加速

新潟県農林水産部は、1月9日にFacebookページを開設し、2月19日に「いいね!」数で100を突破しました。新潟県で生産された農林水産物に関する、様々な情報をタイムリーに発信することを狙いとしています。

(クリックすると別ウィンドウで開きます)
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

 

現在までのページを見てみますと、

 ・柳カレイ&南蛮エビ食べ歩きフェアの開催

 ・新潟産コシヒカリ弁当がナチュラルローソンで発売

 ・佐渡の2月の旬の農作物の紹介

 ・「ご飯が進む!きのこ料理」レシピコンテストの結果発表

などの情報が掲載されています。

 

以前のニュースでお伝えしたように、行政機関がソーシャルメディアを活用して情報発信する事例が着実に増加しています。


先日新潟県が発表した「新潟県情報化プラン(2012~2015)」の中では次のように記述されています。


<近年大きく発展を遂げているブログや SNS 等のソーシャルメディアは、情報発信ツールとしての重要性を増しており、県においても公式ツイッターや知事公式ブログ等を作成して情報発信を行っていますが、災害発生時等における情報発信手段にもなるため、ホームページと共に更に積極的な活用・展開を図っていく必要があります


しかし、特にブログや SNS 等の双方向性を持つメディアにおいては、不適切な発言や曖昧な内容による誤解などから社会問題化するケースもあるため、その活用に当たっては、一般的なICTリテラシや活用方法等を職員が熟知した上で情報発信していくことが求められます。>


現在、新潟県が開設しているFacebookページとTwitterアカウントは合わせて10個であると紹介されています。運用に注意を払う必要があることは当然ですが、新潟県でもソーシャルメディアの活用が加速していくことになりそうです。

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp