2013年

2月

27日

個人情報保護法を逆手にとった不正アプリ!個人データを抜き取っても不起訴処分に


スマートフォンの個人データを抜き取るアプリの公開が後を絶たないようですが、昨年12月末、こうしたアプリを公開したとして逮捕されたIT関連会社の社長ら男女5人を、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分としました。

 

このアプリにより、約9万人のスマートフォンがウイルスに感染し、電話番号やメールアドレスなど1190万件以上の個人情報が流出したにも関わらず、なぜ不起訴になったのでしょうか。

 

スマートフォンのアプリには、パーミション画面が現れます。インストール直前に「同意します」「同意しません」という表示が出るものです。今回、不起訴処分になった背景には、個人情報を収集することにユーザーが同意した点が、その理由の一つにあったようです。

 

実際のところ、多くのユーザーはパーミションの同意事項についてよく読むこともなく、安易に同意を与えているのが現状のようです。

はずかしながら、私もその傾向があります。

 

個人情報保護法では、「本人の同意なく第三者に個人情報を提供してはならない」と定めていますが、パーミション画面で「同意します」をクリックしてしまえば、同意したことになってしまいます。

 

スマートフォンの中には多くの個人情報が入っていますので、漏えいすれば多くの他人に迷惑をかけることになります。スマートフォンでアプリをダウンロードする際は、十分に気を付けてください。

 

NICO 情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp