2013年

2月

06日

その成功の秘訣はどこに?半年で自治体日本一になったFacebookページ

 

たった半年で9万3000もの「いいね!」(2013年1月)を獲得した、自治体が運営するFacebookページがあります。長崎県南島原市が運営する『撮ってくれんね!南島原コンテスト』というタイトルのFacebookページです。

このコンテストは、「たくさんの人に参加してもらいつつ、南島原の魅力を知ってもらうこと」を目的に企画された、長崎県南島原市の魅力を写した写真や動画を紹介するものです。コンテストを運営するに当っては、地元出身の映像作家などを審査員として起用し、アドバイスを受けながら運営しているそうです。

 

このコンテストでは、写真や動画の美しさよりも「南島原の魅力をいかに表現しているか」を審査基準とし、毎月、月間賞を選考して受賞作品をFacebookページで発表しています。

 

「なるべく多くのユーザーが参加」「コンテンツ更新頻度を上げることが重要」などをセオリーとすることが多い中、数は少なくてもシェアされやすい「ビッグコンテンツ」のみの掲載を継続したことが、半年で9万3000もの「いいね!」を獲得した要因の一つだそうです。

 

さて、Facebookページの効果ですが、例えば、民宿の予約者が前年の倍になったり、動画で紹介した市内のそうめん店の年間来客数が倍増するなど、成果は上々のようです。南島原市では、今回のコンテストで得たファンに対して農産物の販売や観光情報の発信なども検討しているとのこと。

 

審査員の一人である映像作家は、「地元の人からは見慣れた風景やイベントが外部の人から新鮮に映り、観光や感動の対象になり得る」と指摘しています。この指摘は、自分の町に観光資源がないと考えている市町村にとっては重要な指摘かもしれません。

 

ちなみに、Facebookページではありませんが、村上市観光協会のホームページでも同じような考えのもと、地元の様々な情報をブログで発信しています。
ぜひ、アクセスしてみてください。

 

 

NICO 情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp