2013年

2月

07日

情報セキュリティ対策 その14  ~今年、情報セキュリティで注意すべきこと~

 

これまでサイバー攻撃の対象となってきたのはWindowsパソコンが主でしたが、最近ではスマートフォンやタブレット端末に搭載されるAndroid  OSもターゲットになっています。

また、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの利用者を狙う脅威も増えています。

 

スマートフォンは、パソコンと同じように不正プログラムに感染し、端末上の情報を窃取されたり、詐欺サイトで情報や金銭を盗まれたりするリスクがあります。

 

2012年の下半期には、スマートフォンに対する不満や不安を解消する「電波改善」や「バッテリー管理」などの便利ツールを装って不正アプリをインストールさせる手口が登場しています。

 

トレンドマイクロによれば、2011年12月におよそ1000個だったAndroid  OS向け不正アプリを、2012年12月までに35万個確認したそうです。

 

2013年は、モバイルやソーシャルメディアを狙った攻撃や、日本人向けなど対象を特定したサイバー攻撃がより深刻な問題として顕在化するという見方があります。

「こうした脅威に対する対策は・・・」と言えば、耳にタコができているかもしれませんが、

 

・怪しげなWebサイトからむやみにアプリをインストールしたり、メール内のURLやリンクを

 安易にクリックしない


・OSやアプリを常に最新の状態に保つことで、脆弱性をつく攻撃を防ぐセキュリティ上の修正

 を施す

 

・個人情報を入力する前に、アドレスバーにHTTPSや鍵のアイコンがあるかを確認する

 

・意味不明の投稿やSNSのメッセージに張られたリンクを安易にクリックしない

 

・実名登録が原則のFacebookでは情報公開の範囲に制限をかける

 

まずは、こうした基本的な事を徹底することです。


NICO 情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp