2012年

12月

10日

個人所有のスマートフォンを業務利用するBYOD!導入検討もしくは導入後の考察のための基礎資料が公開されています。

 

現在、スマートフォンを業務で本格的に利用しようという動向の中でBYOD(Bring Your Own Device)の関心が高まっています。

 

BYODとは、リスクの認識をした上で、個人所有のスマートフォンの業務利用について組織として意思決定を行い、実際に業務を行うことです。

 

BYODのポイントは、個人所有のスマートフォンを業務で利用するという点です。ここで言う業務とは、組織が認めた仕事の内容です。したがって、会社への持ち込みをしなくても個人所有のスマートフォンで業務を行えば、社内外問わずBYODとなります。

 

リスクの認識をして、個人所有のスマートフォンの業務利用について組織として意思決定を行うとともに、利用者からの申請に基づいて利用を許可し、業務範囲を合意している。この状態が、BYODの望ましい姿です。

 

BYODを導入する際には、予め利用目的と業務範囲を明確にし、申請と承認の仕組みを作っておくことが必要です

 

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)では、BYODの導入検討もしくは導入後の考察のための基礎資料となる「BYODの現状と特性」を公開しています。
詳しくは、JSSECのホームページをご覧ください。

http://www.jssec.org/news/20121119_byod.html

 

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp