2012年

11月

30日

新しいOSへの乗り換え作業は大変!Windows XPのサポート切れが間近です。

 

ある大手システムインテグレーターが、米マイクロソフトの最新OS「Windows8」の導入支援サービスを始めた、という新聞記事を見ました。

 

2014年4月、Windows XPのサポート期間が終了します。

 

サポートが切れたOSは、たとえ脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されないため、セキュリティ上のリスクが一気に高まります。そのため、Windows XPから新しいOSに乗り換える必要があります。

 

ところで、OSを乗り換えるに当ってはアプリケーションの互換性がネックになります。
特に、Webアプリケーションの互換性検証が重要だそうです。

 

Windows XPで使うWebアプリケーションの大半は、Internet Explorer(IE)6を前提に開発されていますが、例えば、Windows7に搭載されるIE8は、独自仕様の多いIE6に比べ、よりWeb標準に沿った仕様になっています。
そのため、Windows XP向けに開発されたWebアプリケーションの中には、IE8やIE9で画面が意図したとおりに表示されない可能性があるそうです。

 

したがって、Webアプリケーションが正しく動作するかの検証も必要となります。

 

実は、2014年4月にサポート期間が終了するのはWindows XPだけではありません。
同じ日にoffice2003のサポートも終了するので、やはり新しいofficeに乗り換える必要があります。当然、office2003で作成したドキュメントやVBAアプリケーションの互換性検証も必要になります。

 

こうした互換性検証の結果、不具合が発生すれば修正作業が必要になります。

 

そう考えると、2014年4月と言うと1年以上先の話ですが、早めに対応した方が良さそうです。

 

NICO 情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp