2012年

11月

08日

ICT経営セミナーから① 「ドコモでビジネスはこう変わる ~ドコモの法人ビジネス戦略~」

 

11月6日(火)に開催された、東日本電信電話(株)、(株)NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ(株)のNTTグループ3社主催によるICT経営セミナーに参加してきました。
その時の、(株)NTTドコモの講演内容から。

 

2012年9月現在、ドコモのスマートフォンを利用している企業は約20万社になるそうです。では、それらの企業はどんな利用の仕方をしているのか。

 

キーワードは「四則演算」

 

+(足す)・・・価値を加える
 例えば、モバイルグループウェアを導入することでモバイルワークスタイルを実現

 している事例。
 場所を選ばず日報が作成できたり、外出先でも社内資料を閲覧できたり、社員との

 双方向コミュニケーションが可能になったりしています。

 

-(引く)・・・業務のスリム化
 例えば、タブレットを活用して会員登録カードを発行している事例。
 会員カードの即時発行が可能となったり、手作業での入力作業が削減されたり、作

 業コストの大幅な削減を実現しています。

 

×(組み合わせる)・・・新しい価値創造
 例えば、観光地でダブレットと自動車を組み合わせている事例。

 タブレットを利用して、場所にあった情報を配信したり、退屈な車内でも楽しめる

 情報を配信したり、旅行の思い出をクラウド上に保存したり、新たな旅の楽しみ方

 を提供しています。

 

÷(割る)・・・人にあった情報発信
 例えば、その時、その場所に応じた情報を提供する事例。
 「じゃべってコンシェル」というサービスは、「調べたいこと」や「やりたいこ

 と」などをスマートフォンに話しかけると、その言葉の意図を読み取り、最適な回

 答を画面に表示します。

 

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、その利用シーンはどんどん広がっているそうです。
「四則演算」をキーワードにスマートフォンやダブレットの利用方法を考えてみるのも面白いかもしれません。

 

NICO 情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp