2012年

10月

23日

「スマホ依存」で引きこもりに!1日のスマホ利用は5時間以下にしたほうが良さそうです。


アメリカ・メリーランド大学の研究者が、世界中の学生を対象に「24時間スマートフォンに触らずにいられるか」という実験を行ったところ、70%の学生が途中リタイアしたそうです。

 

この70%の人は『スマホ依存』。
日本にもスマホ依存の人は多く、最近は中高年でも珍しくないようです。

 

スマホにあまり依存しすぎると、生身の人間とのコミュニケーションを面倒に感じるようになるなど様々な問題が生じるそうです。

以前と比べて落ち着きがなくなったり、注意力が散漫になったり、さらに依存が進むと、現実世界の友達を失ったり、最悪、出社拒否や引きこもりにまで発展する可能性もあるとのこと。

 

スマホ依存を止める方法は、とにかく利用時間を少しずつ減らす努力をすること。
まずは、食事や入浴時にスマホを手放すことから始めて、1日の利用時間を5時間以下にすることが必要です。

 

あなたのスマホ依存度を測る「スマホ依存度チェックリスト」なるものがあります。
詳しくは週刊文春(10月25日号)をご覧ください。


NICO 情報戦略チーム 倉田

 

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp