2012年

10月

17日

これまでの常識を覆す「ろーそん亭」のヒット商品!ITを活用して開発されました。

『常識』とは、広辞苑によれば「普通、一般人が持ち、また、持っているべき知識。専門的知識でない一般的知識とともに理解力・判断力・思慮分別などを含む。」となっていますが、これまで常識と思われていたことが必ずしもそうとは限らなくなっています。

慣例や習慣もそうかもしれません。

 

たとえば、コンビニエンスストアのローソンは女性向けチルド弁当「ろーそん亭」を発売していますが、その中に男性顔負けのガッツリ系の「濃厚だし仕立てロースカツ丼」があります。
この「濃厚だし仕立てロースカツ丼」は濃厚な味わいで、ボリュームも満点なお弁当ですが、売れ行きが好調だそうです。
 
これまでの常識からすれば、ボリューム満点のロースかつ丼など「肥満を嫌う女性に敬遠されるはず」と商品化されないところですが、なぜローソンは商品化したのでしょうか。
実はITが鍵を握っていました。
 
ローソンが発行している共通ポイントカード「Ponta(ポンタ)」で集めたビッグデータを解析したところ、弁当の購買意欲の高い独身の若い女性が、ボリュームがあり「辛くてジューシーな食べ物」をよく購入している事実がわかったそうです。

そこでジューシーでボリューム感のある肉にしっかり味付けをし、独身で若い女性が多く働いている都心部で販売したところ、みごとにヒット商品になったそうです。

 

ITを活用して集めたデータを分析したところ、これまでの常識とは異なる結果となった。しかし、その分析結果をもとに商品開発したところ、みごとに消費者のニーズを捉えた。「濃厚だし仕立てロースカツ丼」は、そんな商品です。
 
●ITを活用して集めたデータで消費者ニーズを把握し、商品やサービスの開発に活用する・・・
●ITを活用してお店や企業の生産性を向上させる・・・
●ITを活用して来店誘導や商品・サービスを販売する・・・
 
ITは様々な場面で活用されていますが、まだまだ活用の場は広がる可能性を持っています。


情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp