2012年

10月

15日

コンピュータウイルス対策が「予測型」にシフト!先回りしてネット利用者を守る。

 

最近、遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯罪予告メールが送信され、そのパソコンの持ち主が逮捕されてしまったという事件がありました。

 

サイバー犯罪は年々悪質化しており、その対策が追いつかないといった感じでしょうか。

この様な状況に対して、情報セキュリティー各社はウイルス対策方針を見直しているようです。

 

情報セキュリティー各社が、犯罪者の調査と解析に最新ITを活用し、攻撃の予兆をつかんで次の一手を予測する「予測型」にウイルス対策方針をシフトしようとしているという新聞記事を読みました。

 

「犯罪者を知ることで今後起こる攻撃を予測し、先回りして対策することでネット利用者を守る」ということらしいです。そのための新製品やウイルス対策ソフトの機能追加なども既に行われているようです。

 

情報セキュリティー会社が頑張っているから、それで安心と言う訳ではありません。
ネット利用者も、
・無料だからと言って安易にアプリケーションソフトをダウンロードしない
・覚えのないメールはむやみに開かない
・不用意に添付ファイルを開かない
・怪しいサイトは閲覧しない
といったことを改めて心がける必要があります。

 

にいがた産業創造機構(NICO)では、「2012年度 情報セキュリティセミナー」を開催します。
情報セキュリティー対策の必要性を感じているが、まず何をすべきか分からないという方は、ぜひご参加ください。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.it-nico.com/03-セミナー-研修募集/2012年度-情報セキュリティセミナー/

 

情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp