2012年

9月

27日

ソフトウェアによる制御技術研修会を企画しています。(その2)

ソフトウェアエンジニアがハードを動作させるソフトウェアを設計する時に必ず、フィードバック制御の壁にぶち当たります。この研修会は、フィードバック制御装置設計の基礎を学ぶための研修会です。

 

研修会の講師は長岡技術科学大学宮崎敏昌准教授です。昨年度はMATLABというソフトを利用した同様の研修を実施しましたが、その時に講師をしていただきました。制御に精通した先生で、制御の基本から丁寧に教えていただき、門前の小僧ではないですが制御装置設計についてよくわかった気がします。

 

宮崎研究室のHP(http://elemech.nagaokaut.ac.jp/study.html)には、宮崎先生の研究テーマが紹介されています。この研究テーマを眺めた時、ソフトウェアエンジニアだけでなく、産業機械の製作に携わっている方にとっても、制御技術の基礎は必要なものだと感じました。トライアルアンドエラーで設計するのではなく、理論に基づいて設計ができるようになれば、より付加価値の高い製品にチャレンジできると思います。

 

youtubeで加速度センサによるフィードバック制御の動画を見つけました。今回の研修会で学べば、こういったことを行うための仕組みがわかると思います。正式開催のご案内をもうすぐできるようになると思いますので、楽しみにお待ちください。

 

また、この研修会は定員が少ないので、参加したい方は木嶋宛にご一報ください。正式案内前でもかまいません。日程は12/7(金)、12/14(金)の2日間で、場所は長岡工業高等専門学校です。

 

情報戦略チーム 木嶋

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp