2012年

8月

23日

パナソニックが “スマホ家電”を発売!家電の次にウェブと連携するものは?

8月21日、パナソニックが、スマートフォンに対応した洗濯乾燥機や冷蔵庫、エアコンなどの家電新製品を発表しました。

 

そのうち、洗濯乾燥機はクラウドサーバに接続したAndroidスマートフォンをタッチすることで、洗剤や柔軟剤の量など洗濯の設定が簡単に行える新機能を搭載しているそうです。

 

洗剤や柔軟剤は種類によって必要量が異なり、これまではマニュアルを見て目安の量を確認する必要がありましたが、新製品ではスマートフォンとアプリを活用し、パナソニックのクラウドサーバにアクセスして洗剤と柔軟剤を選び、洗濯機本体にタッチして設定すると、洗う衣料の量に応じた洗剤・柔軟剤の適量が洗濯機本体に表示される仕組みだそうです。また、洗う衣料の種類などに応じた自動コースの設定や、節電状況の確認もスマートフォンで出来るそうです。

 

今後、スマートフォンでタッチすると節電状況が確認できる冷蔵庫や、スマートフォンから遠隔操作が可能なルームエアコンなどが順次発売されます。

 

先日、放送とウェブを連携させる総務省の「スマートテレビの推進に向けた基本戦略」をご紹介しましたが、こちらは家電とウェブを連携させた具体的な実例(製品)です。


この次にウェブと連携するモノは何でしょうか?
ここにも新たなビジネスチャンスがありそうですが、「市場を創り上げる」ことができるかどうか(もちろん潜在需要をきちんと調査したうえで)がポイントになってくるのではないでしょうか。


情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp