2012年

8月

21日

高速道路で逆走車に遭遇したら、その時、あなたはどうします?

ITネタではありませんが・・・。

 

もし、高速道路を走行中に逆走車と遭遇したらあなたはどうしますか?
日本自動車連盟(JAF)が、高速道路で逆走車と遭遇した状況を再現し、逆走事故の危険性や事故を回避するためのポイント、注意点などを解説しているビデオを公開しています。

 

高速道路の逆走なんてめったにないと思っていたら、なんと、中日本高速道路管内だけで過去5年間に発生した逆走事案件数は毎年200件以上。平成23年度の場合、219件発生し、そのうち5件が逆走事故につながったそうです。

 

JAFによれば、逆走車は走行車線を走っているつもりで追い越し車線を逆行してくることが多いとのことです。また、お互いの速度が合わさることで回避するための余裕が少ないうえ、逆走車を避けようとするクルマが走行車線を走っているクルマと衝突する危険性もあるとのこと。

 

事故を回避するための予防策としては、追い越しが終わったら走行車線に戻ること、車間距離を広くとること。また、遭遇時に適切な減速とハンドル操作ができるように、いつでも正しい運転姿勢を心がけることも重要です。

 

ちなみに、逆走が発生する原因は、インターチェンジの乗り越し間違いが最も多く、次いで一般道との混同、認知症と続きます。なんで高速道路を逆走するのか不思議に思ってしまいますが、想定外の事が起こり得ることを常に想定しておくべきということでしょうか。

 

ところで、クルマの衝突防止装置のテレビCMをよく見かけますが、この安全装置の開発に新潟県内の組込み関連企業が寄与したことをご存じですか。


詳しくはこちらをご覧ください。
»見えないモノが見えるようになる、高速度カメラ長時間記録装置[(株)テクノスコープ]

 

情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp