2012年

8月

07日

成功は変化する環境への素早い対応の中に!

 

連日、熱戦が繰り広げられている「ロンドンオリンピック」。寝不足になっている方も多いのではないでしょうか。

 

日本選手の活躍はと言えば、男女ともベスト4に勝ち進んだサッカーや連日メダルラッシュが続いた競泳、バドミントン女子ダブルスに卓球女子団体にフェンシング男子フルーレ団体など日本中を沸かせた競技がある一方で、お家芸と言われている柔道(特に男子)は思うような結果が出ませんでした。

 

日本のお家芸である『柔道』。それとは別に『Judo』というものがあります。『Judo』の格闘スタイルやルールの解釈は『柔道』のそれとはちょっと違うようです。オリンピックを始め国際大会で行われているのは『Judo』であって、日本のお家芸である『柔道』ではないようです。
今日、日本の柔道界が厳しい状況に陥っている背景には、『柔道』と『Judo』の違いに対応できていないことが理由の一つにあると言われます。
勝負の土俵が変わっているのに、それに対応できなければ勝てなくなるのは当たり前かもしれません。

 

今年度の『IT経営』セミナーでご紹介した(株)メトロール(株)幻の酒(株)タニハタの3社とも、ビジネスにインターネットという新たな土俵が加わったことに素早く対応しています。
スポーツもそうですが、ビジネスの環境は必ずしも不変ではありません。環境の変化を競争相手に先んじて察知し、素早く対応していくことが成功のカギの一つではないでしょうか。

 

情報戦略チーム 倉田

「いいね!」ボタンを押していただくと、最新情報をお届けできます。

 フィードの購読もできます。

 (NEWS,BLOGのみ)

連載ブログ 

 大人気3rdシリーズ

 

公益財団法人にいがた産業創造機構

産業創造グループ

情報戦略チーム

TEL 025-246-0069

Mail  kns@nico.or.jp